白髪を染める仕組み,白髪染め,口コミ

スポンサードリンク

白髪を染める仕組み (市販品の場合)

白髪を染める仕組み,白髪染め,口コミ,ランキング,地肌,頭皮,毛髪,優しい,トリートメント効果

 

年齢を重ねると手放せない白髪染めですが、その白髪を染める仕組みとは
どんなものかご存知でしょうか?そもそも白髪とは黒い状態の髪とちがい、
髪の毛にメラニン色素がほぼない状態のことを言います。

 

そんな状態の髪をそめる白髪染めは、一般的に1剤と2剤という、二種類の
薬剤によって構成されています。

 

1剤にはアルカリ剤と酸化染料が、2剤には酸化剤が配合されてできて
おり、これらを白髪にぬる直前に混ぜ合わせる事により酸化染料が発色し、
混合液となります。


白髪を染めていく流れ (市販品の場合)

混合液をつかって白髪を染めていく仕組みは以下の流れになります。混合液を塗っていくと、
1剤の中にはいっているアルカリ剤によってキューティクルが開かれていきます。

 

キューティクルが開かれる事で、混合液が髪の中に入る事が可能になり、その後メラニン色素の脱色
及び、着色を行っていきます。髪の中で発色した酸化染料は、サイズが入った時より大きくなることで、
キューティクルが閉じたあと出てくる事がなく、髪の毛のなかに閉じ込められます。

 

このような流れにより、髪の毛の色は定着し、白髪は好みの色に染まるという事になります。

スポンサードリンク



「白髪染め 口コミ |地肌(頭皮)と髪に優しいオススメの白髪染め!」では髪と地肌(頭皮)をいたわる安心・安全な人気の白髪染めをランキング形式で紹介しています。

白髪染め 口コミ|髪と地肌・頭皮に優しい白髪染め!